ドルフィンのように愛に満ちて生きてく Nai'a Healing of the heart 

自分のハートに意識を向ける


ありのままに① 自分のハートに意識を向ける


シンプルに生きると輝ける」で紹介しているように、自分で意識していらないものを脱いでいくと最後には愛が残ります。

ハートに意識を向けて自分のココロと会話をする事を習慣にしていきましょう。自分自身の気持ちを理解していくことは、健康維持につながり、人生をより良くする為には欠かせません。

お腹が空いた~。と気が付いて食事をとるように、常にありのままの自分はどうしたいのか?

ココロと会話をして自分の声を聞いてあげるのです。
自分のハートと会話ができるのは自分だけですよ~。



先ずはゆったりと体の力を抜いて、ゆっくりと深~く深呼吸をします。そして意識を自分のハートへ向けてみましょう。暫くその状態でリラックスができたら、次に自分に「いま、どんな気持ち?」「本当はどうしたいの?」等と問いかけてみましょう。

自分の内側、ココロに意識を向けていきましょう。

どんな答えでも、そのまま受け入れて聞いてあげることが大切です。最初はシックリこなくても次第にココロの声を聞き取れるようになります。

自分の感情が曖昧な時にも、このように意識をハートに向けて自分に問いかけてあげると、「感情」を認識&確認ができるのでスッキリした気持ちになれると思います。



ココロの声は、ありのままの自分からのメッセージ。

普段は蓋をして表面に出てきていない本当のメッセージなのです。


ストレスを感じていた人は、自分にどんどん質問をしてみて下さい。
自分とどう向き合ってきたのかな?
正しい、間違っているという観念に振り回されていなかったかな?
本当の自分の気持ちを表現していたかな?
自分と向き合わないで、他人のせいにしてなかったかな?

深い意識へ入っていくと、本来の自分と分離していた部分を見つけることができます。その分離をなくし、今後はココロに素直に行動をとっていければ、ストレスからも開放されます。

例えば、ココロが「いつも窮屈な感じがする。」と伝えてきた場合、「どんな時?何に対して?」と質問をしていく事で、必ず答えに辿り着きます。

何時も人目を気にして過ごしていたから窮屈と感じていたのかもしれませんし、「礼儀正しく大人しくしている方が良いと思っていたけれど、本当は笑い上戸でダジャレが大好き~。」と本来の自分の性格を思い出すかもしれません。又は、本当にしたい事を見つけるかもしれません。

今から自分らしく過ごす事を選択すれば、その窮屈は姿を消してくれます。

この様に、抑えていた自分の感情を開放してあげることで、ストレスも無くなり、表情も行動力も、生活環境までも変化するかもしれません。


もう、ココロの声を無視して過ごすことはやめましょう~。


その自分のココロの声に従って行動を起こしましょう。

その自分のココロの声に従って生きていきましょう。

その自分をココロから楽しみましょう。


それが、ありのままでいられるということ。

p2

安心してありのままの自分でいていいのです。



(注意:ありのままに感情を表現する事は、自分勝手に行動する、人との協調性をなくすという事ではありません。そのままの自分の感情を表現する根本には、他人への愛、自分への愛を含みます。)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional