ドルフィンのように愛に満ちて生きてく Nai'a Healing of the heart 

思い込み


自分を窮屈にしている「思い込み」は手放しちゃう



私たちは皆、育ってきた環境が違います。価値観も違くて当たり前なのです。でも、時には自分と違う価値観の人と時間を共有する事があります。そんな時、相手に自分と同じ価値観を求めてしまうと、お互いにつまらない時間になってしまいます。

また、自分の価値観を強く持っている為に、自分自身を窮屈にしてしまっている事もあり得ます。そうならない様に、自分自身を客観的に見つめる習慣を身に付けてみましょう。以外と面白い発見があるかもしれません。

例えば、「○○するものだと思ってた!」「こうあるべきだ!」「こうでないとおかしい!」など、一つの事を重んじて、そうでない方を強く否定してしまうと、自分自身のココロも窮屈に感じてしまいますし、実際に真実を見れなくなり、苛立ちしか感じられません。

「そう言う考えもあるかもね。」「こんな展開も面白いかもね。」と一旦のみ込める自分がいるだけで、次の展開が変わってきます。
楽しい方、楽しい方へと自分を導くきっかけにもなります。

ただ我慢するのでもなく、ただ何かを否定するのでもなく、柔軟性を身に付けていきましょう。



私達は、情報量がとても多い時代に生きています。
情報は必要ですが広告やメディアを毎日見ている内に、無意識に「いらない感情」を育ててしまう事があります。

例えば「若くないといけない」「これが無くてはダメ」「早くしないと!」「将来的にこんな危険があります」等・・・何となく急かされた気分になり、何度も聞いていると「そうでなくてはいけない!」と思い込んでしまうのです。


現実はそうではありません。

cp12


何かに対して恐怖心ばかりを育ててしまうと、

本当に自分が望んでいる事すら、わからなくなってしまいます。


自分に意識を向けていれば社会的評価に苦しむ必要はありません。

情報に惑わされることなく、しっかりと自分の人生を創造していけるココロを育てていきましょう♪


例えば、お土産を差し上げる時の言葉で「つまらない物ですが・・・」、自分に対して「もう年だし・・・」など、
「安全な挨拶」や自分を卑下するような定番の言葉を使う習慣がある人は、どんなシーンでも自分の言葉で表現できるように心掛けてみましょう。そうする事でもっと素敵な自分になれると思います。



「どうせダメだから」「これは無理でしょう」と頭で判断をしてしまうのも「思い込み」です。現実は、行動に移してみなければわからないものです。頭に記憶されてしまっている思い込みを軸に行動するのでは無くて、自分が良いと思う事を信頼してトライしていきましょう。

自分自身を否定してしまう事は、どんどん本当の自分から遠ざかっていると言う事にもなります。



魅力的な人は自分の事をよく理解しています。

魅力的な人は思い込みに囚われていない人です。

魅力的な人は常に何かにチャレンジしていて人を感動させたり勇気を与えられる人です。


思い込みを手放して、自分らしい表現を(個性)人生に生かして「生き」ましょう。

誰もが人生を輝かせる才能を持っているのです。

愛あるココロを育てて、出会う人ともシェアしていけたら、もっともっと毎日が豊かになっていきますよね。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional