ドルフィンのように愛に満ちて生きてく Nai'a Healing of the heart 

北京

Beijing / 北京


当時の役者仲間が2~3年大陸に行くと北京に滞在、その友人が北京に居る間に初アジア旅行に行こうと冒険して来ました。
冒険しようと予定を決めたものの・・・国際線に1人で乗るのは始めて!
だんだん不安になり、前日には冒険の心は縮小。。。無くなり。。。
キャンセルしようかと真剣に思う位の気持ちでした(笑)
そんな貴重なトリップです。

pe2

空港に到着してターンテーブルで無事荷物を受け取り、出口の方を見たら、人ごみから友達の顔が見えて、凄く長い旅をして来たような気分でした。(近いのに・笑)

到着日は「胡同 / フートン」という昔ながらの街並みをお散歩。観光地とは違った北京の生活感を味わいました。
夜にはチンタオビールと北京ダックでカンペイ!
大使館近くのオープンテラスのバーが並ぶ「三里屯 / サンリトン」では、世界杯のサッカーを見てみんな盛り上がってたなぁ。

屋台や、お土産屋さんが並んでいる「秀水市場」、地下のお墓、石の扉に圧倒された「明十三陵博物館・定陵地下宮殿」「天安門広場」「故宮」と観光。舌がしびれる四川料理も食べました。若者に人気の喫茶店に入ったら、椅子が天井からぶらさがっているブランコだったり(笑)

友人が現地でお世話になっているファミリーのバースデーディナーで円卓を10人位で囲って食事したのも、いい思い出になりました。
「カンペイ」と言ってグラスでテーブルを叩いてから飲んだり、食事は「裕福」に見えるので少し残したりするらしいよ・・・?

1元バスは「ちょっと・・・」だったので3元バスに乗車して、友人が語学の勉強で通っている学校へ行ってオススメランチにも挑戦。
数日だけれど、生活習慣やマナーの違いを見れて、日本は平和だなと感じました。。。北京で頑張っている友人はスゴイ!

「世界遺産:万里の長城」へは、レンタカーを借りて案内してもらいました。風が強かったけれど、子供の頃にTVで見た景色を自分の目でみれて感激!
レンタカーは通常運転手付で借りるそうで、車だけのレンタルの方が料金が高いらしいです!?

初日は、不安でスーツケースをベットに上げて丸まって寝ていたのに、3日目には「ただいま~」と部屋に帰っている自分にビックリ!新しい自分の発見でした。(笑)
帰国日は、空港でギリギリまで旅の感想をお茶しながらシェアしていて、あやうく乗り遅れるところでした。ひやっ。。。

「人は今の自分」を保つのに苦労したりするけれど、友人が「大陸にかけた意志」を今回の旅で見る事が出来て、帰りの飛行機の中では、私も自分の可能性やこれからの時間の過ごし方などを考えながら帰ってきました。
思い切って冒険しに行って良かったです。(キャンセルしなくて良かった・笑)
安全な旅行が出来たのも現地で案内してくれた友達がいたからです。ありがと。


pe1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional