ドルフィンのように愛に満ちて生きてく Nai'a Healing of the heart 

ランカウイ

ランカウイ島


マレーシア北西部のアンダマン海にある島。
地元の言葉で「ラン」は鷹、「カウイ」は大理石を意味するそうです。ケダ州に属し周辺の98の島全て含めランカウイ群島と呼ぶ。
伝説の島と呼ばれています。

成田からクアラルンプール国際空港経由で約9時間位で到着。
宿泊したホテルは「SHERATON LANGKAWI BEACH RESORT」でランカウイ国際空港から6km車で移動しました。
緑が生い茂った熱帯の楽園でプライベートビーチもあり、長期滞在をしたくなる雰囲気。ガーデンビューのお部屋もプライベートバルコニーがあり、とてもリラックスできるホテルです。
ホテルのプールからは、海が眺められてとても気持ち良かったです。

ランカウイ島は年間を通して高温多湿、6月~9月は雨季です。ホテルでランチを用意してもらい、無人島へ遊びに行ったのも楽しかったです。

la2

la3

ホテルにはビッグなチェスもありました。
自然に囲まれた素敵なレストランもたくさんあるので、ディナーはタクシーでお出かけ。
バンタイチェナン北部のビーチ沿いにある無国籍料理のお店「Bonton/ボントン」は、自然の中の広いお庭で食事をしている様な雰囲気♪外での食事なので虫除けスプレーを持参した方がいいかも。

そしてボントンとは違った雰囲気のレストラン「Barn Thai/バンタイ」はタクシーを降りて、道路からマンブローブ樹林を400m歩いて行くとお店があります。
熱帯雨林に囲まれているこのレストランの設計は、マレーシアのマハティール前首相がてがけたらしいです。店内も魅力的な雰囲気。
ランカウイは自然に馴染んだホテルやレストランがあり、どこか素朴な雰囲気がある所でした。

la

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional