ドルフィンのように愛に満ちて生きてく Nai'a Healing of the heart 

モチベーション


気がのらないときは頑張らない



何となく気がのらない、
モチベーションを高められない時には頑張らない。

モチベーションとは、ある目標に向ってやる気を出す!事をいいますが、心理学的から生まれた言葉でもあります。

「今年こそダイエットする!」と決めたものの、日々の生活に追われてついつい忘れてしまう・・・こんな経験ありませんか?

「もっと頑張らなきゃ・・・」「まだ出来てない・・・」と自分を追い込んでしまうと、途中で息が切れてしまったり、苦痛を感じてストレスになってしまいます。それでは、せっかく前向きに頑張っていることが逆効果です。



反省は時にあなたの心をブロックしてしまいます。

気がのらない時は、まあいいかぁ。と自分を許してあげて下さい。

cp4


何かを無理に頑張ろうとしても、ココロが動かないときは、まあいいかぁ。の言葉は、あなたの気持ちを楽にしてくれます。


「何だか気が乗らない・・・」と言う時は、潜在意識で必要な情報処理をしている時もあるので、ゆっくり気持ちの変化を待つのも大切です。

そして、太陽からはビタミンDを多く含んだバイブレーションを受けとることができます。外に出て、15分~20分位太陽を浴びて気持ちを開放してあげましょう。太陽からのバイブレーションを浴びるとDNAは強くなり、潜在能力をフルに発揮して使う為の助けにもなります。

気がのらない時には、その理由があなたの中にあります。だからこそ、気持ちをゆったりと持つ事が、明日への活力にも変わり意識もリセットされるのです。



 心理学者エドワード・ディナーは、

「人生に意味を見出して、長いスパンの目的を持ちそれを楽しむこと」が幸せを感じる事の一番の要素だと言っています。


楽しむ感覚を維持するには、好きな事をする必要があります。



好きなことには、「好きな事をする」と「している事を好きになる」の2つしかありません。
気がのらない時間が余りにも長く続く時には、目標設定を見直してみたり、本当に自分にとって必要な事なのかを考えてみましょうね。

気がのらない時にこそ、自分の人生に意味を見いだせる事が何かを発見できる時もあります。今を見直す事ができるのです。気がのらないときは、体も重たく感じますが、その流れに自然に乗って時間を過ごしてみましょう。


無理に頑張ろうとしないことなのです。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional